Tochca Galusha Long Wallet

91,800円(税6,800円)

 Black
One Size
Col.
Size.
購入数

ガルーシャとはエイ革のことです。フランスでガルーシャ(エイ革)を使い革製品を製作していた人物、ジャン・クロード・ガルーシャ。その技術をルイ15世に認められ、エイ革をガルーシャと名付けたそうです。エイ革はビーズを1面に敷き詰めたような革で、繊維構造が牛革より緻密なことから「 牛革は30年、エイ革は100年」と言われるほど丈夫で、長く愛用できる革です。その丈夫さゆえ、職人泣かせの革としても有名で、熟練された加工技術が必要です。また牛革のように傷を恐れる心配もなく、ほぼ手入れなしで使っていただけます。Tochcaで使用するエイ革はTochcaのオリジナルです。フランス地方で生産され、しなやかな質感とマットな仕上げが特徴で日本で流通しているガルーシャとは一線を画しています。
ガルーシャを使用したL字型の長財布です。財布の内側は、中央にマチ付きの小銭入れ、両側にカードとお札入れがあります。小銭が浮いたり動きすぎないよう裏張りのスウェードを縫い付け、小銭を出し入れし易い作りになっています。 カード入れの革は芯材を使わず、革を漉いて革らしさを大切にしています。カードを入れてちょうど芯材の役割になるよう計算されています。